読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひたすらバス停を上げていくブログ

ひたすらバス停の写真を上げています。はっきり言って「誰得」です。

ジェイアール九州バス 呉服町 ごふくまち 福岡県 

訪問当時の状況です。現在では状況が変化している場合がありますので予めご了承願います

file.5

 

【全景】

f:id:denwaban:20150506155843j:plain

同社が鉄道直営時代にあってはポール型のバス停でしたが、手元にある九州旅客鉄道の会社案内に掲載されている情報(鉄道直営時代の自動車部)によると1993年からこのタイプに置き換わった模様です。もっとも福岡市内でしか見られないタイプで、その他郊外のバス停は依然ポール型が大勢を占めているようです。

同社のコーポレートカラーである赤色をベースにした看板型は遠目にも自己主張の強いものになっています。

【看板】

f:id:denwaban:20150506155844j:plain

ポール型のものは社名表記が「JR九州バス」(鉄道直営時代は「JR九州」)ですが、このタイプはJRロゴを入れており、これまた「自己主張」をしています。

ちなみに「RED LINER」は直営時代に命名された自動車部共通のタイトルで、「OMUNIBUS」は一般路線につけられたものとなっています(英語としての意味も乗合自動車を指しています)

 

【シチュエーション】

f:id:denwaban:20150506155845j:plain

「自己主張」の強い同社のバス停ではありますが、惜しむらくは上記の写真でもわかるようにその存在が福岡でも最大手の事業者である西鉄バスの影に隠れてしまっている点です。

このタイプのバス停は大博通りで発見しましたが、同社の一般路線すべてがこのタイプでないという事もその存在感を薄めている要因になっています。

(平成27年4月19日訪問)